profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

categories

selected entries

recent comment

links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.01.14 Thursday
  • -
  • -
  • -

IHの落ちない汚れに挑みました

クレンザー

使い始めて2年ちょっと。
うちのIHには、どーーーしても落ちない汚れが数カ所あります。
(いつもはクリームクレンザー+サランラップで磨いてます)

ガラストップの黒くなった部分は、汚れなのか、はたまたこすりすぎてガラストップがおかしくなったのか、よく分かりません。(^_^)

ほとんど諦めていたところ。
Vitro Clen(ビトロクレン)というクレンザーが、とってもいいという評判を聞きつけました。

そこで、お誕生日にもらったポイントを使って、買ってみました。
つまり、このビトロクレンが、昨年末に自分で自分に買った誕生日プレゼント、というわけ。

このクレンザー、前から目を付けていたけれど、ようやく手に入れた、という感じです。

だって、高い上に少容量。(笑)
容器が薄っぺらいです。(^_^;)

クレンザー

でも、汚れが落ちればこんなの安いもの!

IHの汚れ

さて。
少しずつガラストップに垂らして、スポンジでゴシゴシします。

研磨剤がスポンジ側に吸われてしまいそうなので、途中からはいつものようにサランラップで。

ぐるぐる円を描くようにして、磨いていきます。

磨き終わったら、布巾で拭いて……。

そして結果は……。






じゃ〜ん!

IHの汚れ

落ちませんでした。(-_-;)

でも、他の部分はキラッキラになりました。
今までとは明らかに輝きが違います。
(でも、そのおかげでかえって黒ずみが目立った気も(^_^;))

こんなことなら、もっと早めに使っておくんでした……。
ちょっとガッカリ。
でも、諦めもつきました。(笑)

記事の流れ的に、絶対落ちると思っていたそこのあなた!惨めな私に1票を! にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


★新品のような輝きを維持するために。『早めに』ご用意下さい。(笑)




 

ダイニング周りの小物を整理

カルテルの家具

ダイニングに新しい家具がやってきました。

と言っても、買ったわけではなく、
実家から持ってきたもの。

当初は「この家に合わないから」という理由で、置き去りにしていたのですが、今になって「案外合うかも!?」と思えるようになったものの1つです。

ナチュラルな北欧家具と、カラフルなイタリア家具って、案外合うんですよね〜。
雑誌でもよく紹介されている組み合わせです。

Before

ダイニングに近い収納や、ワインセラーの上はいつも物でいっぱい。
雑然としていて、気になっていました。

そこで、テーブルの下に収納家具を入れて、ごちゃごちゃしたものはそこに仕舞うことに。

コンポニビリ

1番上はお菓子類。
2段目はキャンドルスタンドやストックのキャンドル。
3段目は空けてあります。

収納するときって、こうやって何も入れない空白部分を残しておくことがとても大切です。

全部ぎゅうぎゅうに詰めてしまうと、出し入れも大変だし、
他にちょっとでも物が増えると、たちまち収納計画が狂ってしまいます。


After

これでスッキリ。

テーブルの下に入れた収納家具は、場所も取らないし、圧迫感もありません。
それでいて、空間はスッキリするから本当に効果大!

お菓子が私の近くに置かれたことで、
食後にコソコソ夫っちがお菓子を食べる(おかげで最近、お腹が……(^_^;))のも防げて一石二鳥です。(^_^)v


ダイニング周りは物が溢れやすい人はポチッ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


★いろんなインテリアに不思議と馴染むカルテルのコンポニビリ

 




家中で大活躍のメイクボックス

調味料の収納

調味料の収納って、使っているうちに液体が垂れたり、粉が落ちたりして
引出しの底が汚れてしまうんですよね。

以前は、キッチンペーパーを敷いていたのですが、出し入れするうちにずれてしまって、
何となくうまくいっていませんでした。

そこで、今は無印のメイクボックスを活用しています。

調味料の収納

お弁当箱と一緒で、角張っていると汚れを落とすのが大変ですが、
このメイクボックスは角がないので、
液だれなどで汚れても落とすのが簡単です。(^_^)v

それに、メイク用品って、化粧水の瓶やクリームなどの円形のものが多いですよね。
これは、調味料も同じ。
だから、ボックスの縁がカーブしていると納まりが良いんです。

薬箱

でも、丸くないものも入れています。
半透明のボックスは、中身が見える点でもすぐれもの。
救急箱としても使っています。

洗面所の収納

洗面台の下ではこんな感じで活用。
やっぱり、丸いものを入れることが多いし、液だれしてしまうこともあるので、
相性がいいんです。

100円ショップにも似たようなものはたくさんあるのですが、
やっぱりこの形で、この色(半透明)が使いやすいので、
いつの間にか家中でメイクボックスが活躍するようになりました。

大きさのバリエーションもたくさんあって、本当に便利です。

発想次第でいろんな収納に使える便利なボックス。
「メイクボックス」なんて限定的な名前を何とかすれば、もっと売れるはずなのに……と、無印に行く度思ってしまいます。(^_^;)


無印ブランドの100均があればいいのに! と思う人はポチッ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


★救急箱、どんなものを使ってますか?






レ・クリントの掃除

レ・クリント

ダイニングの照明はレ・クリント。
デンマーク発祥のペンダントライトです。

レ・クリント

これが4つもぶるさがっているものだから、昼間からインパクト大。(笑)
(ここが目立つから、他の部分は少々雑然としていてもごまかせる!)

お客様の反応は……と言うと、
男性は「バーみたいでカッコいいねぇ」なんて好印象を持つ方が多いみたい。
でも、女性は必ずと言っていいほど「掃除は?」「お手入れは?」と
心配していただきます。(^_^;)

でも、これって天井付けの蛍光灯を掃除するより、
よっぽど簡単なんですよ〜。

はたきでパタパタするだけでもいいのですが、
こまめにそれをやるのが面倒で、私は時々一気に綺麗にする手段に出ます。(笑)

まずは、シェードを外します。
1本のワイヤーで止まっているだけの、簡単構造。
シェードの取り外しだけなら、
150cmちょっとしかないチビの私でも、椅子に乗って30秒で完了。

紙のようにしなるプラスチックだから、軽さも抜群。
指1本でも持ち上げられます。(^_^)
落としても割れる心配もありません。

外したら、今度はお風呂に直行!

レ・クリント


バスタブの中に入れて、ジャーーーーーッとシャワーを直接かけます。
真水だと乾くのが遅いので、いつも40度前後でやっています。

はたきでは取りきれない、内側の溝にたまったほこりも、
これで綺麗に落とせます。

洗い終わったら、ぐるぐる回したり振ったりして、中の水を切ります。

レ・クリント

今度は、そのままバスルームの物干で自然乾燥。(4〜5時間くらい?)
お湯で洗っておくと、蒸発が早いんです。(^_^)v

ある程度乾いたら、最後はタオルを真ん中に通してグルングルン。
遠心力を利用して、仕上げの水切りです。

そして、元通りにシェードを設置すれば終了。
たわしも洗剤も要らないから、本当に気軽にできます。

綺麗になった2つと、掃除がこれからの2つ。
照明を点けて比べてみると一目瞭然。
掃除をしたほうが断然明るい!
(うちは調光するから関係ないけど……(^_^;))

早めに、少しずつ大掃除。
これでまた1つクリアできました。

レ・クリントの掃除、大変そうだと思っていた人はポチッ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


★複雑な形なのに、お手入れが簡単なレ・クリント






ガラスの器で小物を整理

 ガラスの四角い容器
コーヒーのカプセルやティーバッグ、ふりかけなどの
小さくパッケージされた食品は食器棚で保存しています。

綺麗に仕舞うためには、プラスチックの保存容器を使いたいところ……、
でも、そこをぐっと我慢。

IKEAで買ったガラスのオーブンウェアを使ってみました。

すると……、
所帯染みなくていい!(^_^)v

元々は「この器でグラタンを1人前ずつ作ったら可愛いかも!?」
と思って衝動買いしたもの。
でも、食器棚の引出しにぴったりのサイズだと気付き、
結局のところ一度もグラタンを焼くことのないまま現在に至っています。(^_^;)

ガラスの器って、見慣れた物でも洗練されて目に映るから不思議です。


今日も素敵なブログ記事がたくさん詰まってます  →  にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


いくつあっても困らない、ガラスの保存容器たち

   




捨てる? 捨てない?

 マル
3連休は、静岡にある夫っちの実家へ。
家の片付けを手伝ってきました。

5LDKもある広い家。
でも、2階は荷物がぎっしりなんです。
そこで今回、徹底的に片付けをすることになりました。

取っておきたいものや、捨ててしまっていいもの。
片付けをする際には、その分別がいちばん大変です。

夫っちが「これは捨てて当然」と思っているものでも、義母にとっては宝物。
逆に、義母が「捨てちゃいなさいよ」と言うものに対して、夫っちは「とんでもない!」と猛抗議。

その度に漫才のような掛け合いになり、みんな大笑い。

3日間がんばった甲斐があって、部屋はすっきり広々!
続きを読む >>

| 1/1PAGES |