profile

スポンサードリンク

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

categories

selected entries

recent comment

links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.01.14 Thursday
  • -
  • -
  • -

それでもやっぱり白熱灯

調光器

照明器具のカタログを見ても、IKEAに行っても、すっかり蛍光灯の照明器具が主流になりました。

国内では白熱灯の製造・販売が徐々に中止されていきます。
国外では、国によって白熱灯を原則禁止に……なんて動きもあるようです。
それも近い将来、なんて悠長な話ではなくて2010年、つまり来年にもという話です!

でも、お恥ずかしい話ですが、うちはなかなか白熱灯から離れられません。(^_^;)

というのも、ほとんどの照明に調光器が付いているのです。

調光器対応の電球型蛍光灯もあるにはあるのですが、
スムーズに使えるレベルではないようです。
それに、蛍光灯の場合は調光しても消費電力は変わらないのだとか。

白熱灯の場合、調光器を使うと若干ですが消費電力が減り、電球の寿命が伸びます。
例えば、半分の目盛りにすれば電気代は約30%カット、電球の寿命は約4倍になると言われています。

おかげで2年経って取り替えた電球は2つだけです。
(調光ができず、頻繁に使う場所が真っ先に切れました)
それらは、取り替える際に60Wを40Wに変更しました。

ちなみに、ダイニングはいつもこんな感じです。

夜のダイニング

4つあるペンダントのうち2つだけ点灯。
あとは、スポットライト(これも調光してます)。

写真で見ると「暗すぎる」と思われるかもしれませんが、
テーブルの上は充分な明るさがあります。
本も読めてしまいます。

この前いらした年配のお客様がこんなことをおっしゃっていました。

「いつも、暗いからといってあっちもこっっちも照明を付けてしまうし、少しでも明るいものへと買い替えてしまうのだけど、それでもまだ暗いと思っていたんです。でも、ここは確かに暗いはずなのに、ちっともそう感じないね」

年配の方は、暗いのが苦手だと思っていただけに、正直驚きました。
やっぱり、明るさ<明るさ感 というケースがあるのですね。

ところで。
最近はもう、白熱灯や調光器を超積極的にはお薦めせず、
情報を整理して、お客様にも悩んでいただくようにしているのですが(笑)、
1カ所だけ、「これはいいですよ〜」と必ず言っている場所があります。

調光器

それがここ。
バスルームです。

プランニングをしていて、私があちこちに調光器を付けていたら、
後輩のコーディネーターに「お風呂にも付ければいいのに」と言われて
目からウロコでした。

システムバスルームにライティングシステムが付いているものが
ありますが、びっくりするくらい高いんです。
それが、調光器を付けるだけなら数千円のアップで済みます。
良いアイディアなので、すぐに採用!

ぼんやりとした光の中でのゆったりまったりバスタイム。
本当に心が休まります。
たまに他でお風呂に入ると、
明るすぎて勝手に1人で気恥ずかしくなっています。(笑)

でも、いつまでも白熱灯を使っているわけにもいかないのでしょうねぇ……。
世の中の流れには逆らえないかも!?

リビングやダイニングの電球が切れ始めるのは、
あと2、3年後でしょうか。

できればそれまでに、
白熱灯と変わらない機能や雰囲気を持ったLED電球が、
手の届く範囲の価格で(ここ大事!)発売されているといいなぁ……
と思います。


エコなことはオシャレだと思う人はポチッ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

★まだまだ高いのですが、だいぶ改良されて売れ始めているようです。


スポンサーサイト

  • 2010.01.14 Thursday
  • -
  • -
  • -

コメント
こんばんは♪
バスルームに調光とは目から鱗です。

私も白熱灯の暖かい光が好きなので、蛍光灯にした照明も電球色にしました。
LED電球、気になりますがやっぱりまだまだ高いですね。^^;
  • una
  • 2009/12/08 6:13 PM
白熱灯のよさはわかっていても、
つい蛍光灯にいってしまいます(>_<)
せめて電球色にしたかったものの、
ネットで格安品をつけたところは、やっぱりクール色・・・。
いずれは、せめて電球色にしたいです。
もちろん、白熱灯が1番あかりがやわらかいと思っていますが・・・なかなか^_^;
白熱灯あこがれのまま・・・です。
★unaさん

ね、びっくりでしょう!?
私も教えてもらったときに
「なんで今まで気付かなかったんだ!」と愕然としました。
LED電球、価格も気になりますし、半分は点灯しないのが
ちょっと気になります。(^_^;)
★akmamaさん

お子さんがいる場合は、いろんなところで本を読んだり
勉強したりしますから、蛍光灯がいいみたいです。
切れたところから、徐々に電球色にできるといいですね。(^_^)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック